TCSA 社団法人日本添乗サービス協会

Information / インフォメーション

「添乗業務レベルアップ研修」を東京・大阪で開催します

研修・講習会

TCSAとJATA(日本旅行業協会)と合同で「添乗業務レベルアップ研修」を開催します。

この研修は添乗業務に関わる皆様を対象に、添乗員として求められる知識と技能向上を図り、添乗業務の更なるレベルアップを図ることを目的に実施するものでございます。

今回は「添乗員に必要な約款の正しい運用とクレーム対応」、「添乗員のための世界三大宗教と建築・美術の知識」、「海外添乗業務の再確認とトラブル対応」をテーマに東京と大阪でそれぞれ2日間で実施します。

【開催会場・日程】

大阪会場:平成30年2月21日(水)・22日(木)

場所)エルおおさか(大阪府立労働センター) 🔶地図(大阪)

東京会場:平成30年2月27日(火)・28日(水)

場所)(一社)日本旅行業協会 研修室 🔶地図(東京)

【スケジュール(大阪・東京共通)】

●第1日目(9:30~17:00)

テーマ:「海外添乗業務の再確認とトラブル対応」

受講料:4,000円

●第2日目午前(9:30~12:30)

テーマ:「添乗員に必要な約款の正しい運用とクレーム対応」

受講料:1,500円

●第2日目午後(13:30~16:30)

テーマ:「添乗員のための世界三大宗教と建築・美術の知識」

受講料:1,500円

※複数テーマを受講することが可能です。その場合は各受講料の合算となります。

※TCSA共済会に加入している方は受講料(複数テーマ受講の方は合計金額)から 1,000円割り引きます。

※第1日目及び第2日目午後は海外添乗員及びこれから海外添乗を予定している方向け、第2日目午前は国内及び海外添乗員それぞれの方向けの内容になっています。

【実施内容】

第1日目「海外添乗業務の再確認とトラブル対応」

日本出発から帰国までの海外添乗業務を分析し、添乗業務の再確認と添乗業務中に発生する苦情やトラブル事例を旅行業約款等の解釈を含め、どのような対応が望ましいのかを講師とともに掘り下げ、全員のレベルアップを図ります。

 担当講師:JATA登録講師 山本幸正氏(大阪)、JATA登録講師 浦和愛子氏(東京)

第2日目午前「添乗員に必要な約款の正しい運用とクレーム対応」

添乗員にとって正しい旅行業法・約款を理解しておくことは、現場で起こったトラブルに対して適切に対処できるとともに、トラブルを未然に防ぐことにもつながります。添乗員として必要不可欠な業法・約款の知識について、具体的な事例や事例を基にしたクイズを交えながら学習します。クレーム対応については、実際にあった事例をもとに、添乗員として行わなければならないこと、クレームをもらわないためにはどのように対応するべきかといったことについて分かりやすく解説します。

 担当講師:TCSA登録講師 服部豊氏

第2日目午後「添乗員のための世界三大宗教と建築・美術の知識」

海外添乗の際、宗教に関する知識を有していることは訪問国の文化を知る上で非常に重要なことであり、かつ、お客様に対して適切な案内や説明をすることで旅の付加価値も上がり、顧客満足が高まることにもつながります。

今回は「世界三大宗教」をテーマにそれぞれの宗教の基本的知識や特徴、文化の違いから建築・美術にいたるまで、添乗経験豊富な現役のベテラン添乗員が“添乗員目線”で解説します。

担当講師:(株)エイチ・アイ・エス 中田啓司氏(ツアーコンダクター・オブ・ザ・イヤー2017グランプリ受賞)

【定員】大阪35名、東京50名

【申込方法】

下記申込書に必要事項を記入の上、TCSA事務局までメール(gen@tcsa.or.jp)もしくはFAX(03-6435-1509)で送付ください。🔶「添乗業務レベルアップ研修」受講申込書

【申込締切日】

大阪:平成30年2月9日(金)

東京:平成30年2月16日(金)

🔶「添乗業務レベルアップ研修」ちらし